一生身に付ける結婚指輪・・あなたの選択は?

プロポーズを受けて結婚するということになったカップルにとって、今が最もキラキラしている時間だと思います。結婚式に向けての準備も必要となってくるので忙しい毎日になりますが、それでも、これから愛する人との生活が始まるのですから、心躍る毎日ではないでしょうか。プロポーズを受ける時に婚約指輪を頂いたり、結婚が決まって買いに行くということもあるかと思いますが、婚約指輪、エンゲージリングというのは一般的にダイヤの指輪が多く、普段使いしないものが選ばれています。最近はエンゲージリングも毎日指につけておきたいということで、結婚指輪と重ねづけできるタイプもたくさん登場しています。

指輪を買うしかし一般的には毎日つけるのは結婚指輪という方が多いでしょう。結婚指輪は結婚の証となる指輪であり、仕事の都合などがない方は一生はめる指輪になります。そのため、エンゲージリングとは違いシンプルでどんな服装でも邪魔しないリングを選択される方が多いようです。

カップルによってリングの幅が太めのものを選択される方もいますし、男性と女性でかなりデザインが違うものを付ける方もいます。また日本人はやはりプラチナを選択する事が多いのですが、中にはゴールド、また最近はチタンなどの今までリングには束縄異様な材質を選ぶ方も出てきています。チタンの結婚指輪を選択された方に理由を聞くと、金額的に安いということと、他の素材と比較して軽くしかも非常に硬いので形が変わることがないことから、永遠の変わる事のない愛を印象付けるとして選ばれる方が多いようです。

どのような物を選択するにしても、結婚指輪については「一生身に付けるもの」であること、「飽きのこない」「どのような服装でも似合うもの」を選ぶことがポイントとなるでしょう。またもちろん予算も気になるところです。実際に結婚指輪を購入された先輩方はどのくらいの予算のマリッジリングを選んだのか?調べてみました。