男性と女性・・指輪の価格への思いは違う?

結婚指輪の購入額をまず男性、女性にわけてみてみると、男性は10万から20万未満のリングを選択された方が41%くらいとかなり多くなっています。次いで20万から30万、10万未満が17%くらい、30万から40万、40万から50万、50万から100万、100万以上の結婚指輪を購入された方は1%です。

指輪男性の考え方としては無理せず自分たちの身の丈にあっている物を・・・という考え方のようですが、実は10万から20万という最も多い解答のあった価格帯で購入された方に聞いてみると、指輪に不満を持っているという方が47%もいるのです。

20万から30万位の指輪を購入したという男性の満足度はどうなのかというと、不満を持っているという人が15%弱という数字なので、高い指輪を購入した方が満足度、納得できる気持ちになっているという結果になっています。女性はどうなのかというと、最も多い価格帯は10万から20万で44%くらい、次いで10万円未満が26%くらい、20万から30万、30万から40万、40万から50万、50万から100万、100万以上は男性と同じく1%くらいです。

女性の場合も10万から20万という結果で男性と同じなのですが、割合をみると少々高めです。女性の結婚指輪購入額で最も注目されるポイントは10万円未満が男性よりも高いという点です。婚約指輪についてはやはりダイヤが欲しいし少々高めのものを購入したい、でも結婚指輪については日々つけるものだし家事も育児も行うようになるのだから、シンプルなもので十分という考え方の様です。また結婚指輪にまで高額な価格を求めるのは申し訳ないという気持ちを持っている方も多いようです。更に注目されることとして、40歳から44歳で結婚指輪を購入された方に限定すると、10万円未満が35%とかなり数字がアップします。年齢を重ねるほどに堅実になっていくということが数字をみてもよくわかります。